筋トレの際に適切なプロテイン摂取で効率アップ

筋トレの際に適切なプロテイン摂取で効率アップ

筋トレというとトレーニング内容についてを重視されがちではありますが、それと同じぐらい重要なのが栄養補給です。

 

 

 

いくらトレーニングをしても栄養をしっかりと補給しないと、筋肉をつけるどころか逆に筋肉が痩せ衰えてしまいます。筋トレにはプロテインが利用されることも多いのですが、プロテインというのは筋肉の再生に必要不可欠となるタンパク質を補給するうえでとても便利です。しかし、プロテインといっても種類があって、それによって特性が違うので効率良く筋トレをするのであれば使い分ける必要があります。プロテインは、大別すると『ホエイ』『カゼイン』『ソイ』に分類されます。『ホエイ』と『カゼイン』は、乳製品を由来とする動物性タンパク質、『ソイ』は大豆を由来とする植物性タンパク質となっています。『ホエイ』の特徴は、その吸収の早さです。

 

 

 

一般的にトレーニングの後は30分以内にタンパク質を摂取することが筋肉を修復するうえで効率が良いと言われており、その吸収の早さがトレーニング直前・直後に服用するには最適なのです。次に、『カゼイン』ですが、こちらは『ホエイ』と違い、吸収はそれほど早くはありません。不溶性でゆっくりと吸収されるので長時間タンパク質を体に補給してくれます。

 

 

筋トレをしない時の栄養補給に適していて、普段のタンパク質補給にはこちらを利用するのが好ましいでしょう。最後に『ソイ』ですが、こちらも吸収がゆっくりで筋トレをしない日の栄養補給に適しています。大豆が原料となっているので、溶けにくく飲みづらいという特徴がありますが、満腹感があるのでダイエットにも最適です。また、大豆イソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できるので、筋トレではなくダイエットで利用するのが良いでしょう。

 

 

筋トレの際に適切なプロテインを摂取することで、その効率は大きく変わります。もちろん服用しなかったとしても食事だけでも問題はありませんが、食事だけで必要なタンパク質量を得るには少しばかり大変です。上手にプロテインを利用して、自身の筋トレに役立てましょう。